半導体・光源・マイクロ波・ミリ波

精密部品、高性能コーティング、EOコンポーネントは研究所に、OEMとして用いられます。

フェムト秒 パルス スペクトロメーター(分光計)  Infrared Systems Development Corporation

Infrared Systems Development Corporation
 

フェムト秒パルス スペクトロメーター(放射光)



 
  • 完全高速パルス スペクトロメータ システム
  • 3-10 umのスペクトル範囲の適用範囲(1-20um可能)
  • 標準分解能6.2 nm(オプション3.1 nm)
  • 1.5μm、0.9μm、および0.45μmの帯域
  • レーザー繰り返し DC - 50kHz
  • Labviewソフトウェア制御
  • カタログPDF ]
 

New FPASスペクトログラフは、フェムト秒のポンププローブ2D振動分光法のためのターンキードロップインソリューションを提供します。 ホストコンピューターやLabViewベースのLASPECソフトウェアなど、必要なすべてのコンポーネントが提供されています。 単にレーザーエネルギーを入射スリットに集束させて、データの取得を開始してください。 Infrared Systems Development CorporationはJY Horiba Companyと提携して、高分解能分光計と検出器および取得電子機器を統合し、完全なスペクトル取得のための使いやすいシステムを提供しています。 交換可能なグレーティングタレットにより、中波長と長波長の赤外線バンドを完全にカバーできます。 分光計およびデータ収集システムのすべてのコンポーネントは、付属のLASPECソフトウェアによって制御されています。

FPASスペクトロメータは、最もコンパクトなイメージング スペクトロメータです。 交換可能なトリプルグレーティングタレット、自動デュアル出口ポート選択、電動スリットおよびグレーティング位置決めを提供します。 アレイおよび検出器の出口ポートは電動フリップミラーによって選択される。 多くのユーザは彼らの単一要素検出器を用いてデータを収集しており、以前のデータをアレイで取得された新しいデータと相関させる方法を必要としている。 

フェムト秒レーザーパルス取得システムは、データ取得システムの中核をなすもので、すべてのアレイ素子と外部のユーザー提供入力の同時サンプリングを提供します。 FPASは、短パルスの高エネルギーレーザーシステムからの検出器信号を、優れた直線性とシングルパルスまたは最大1 x 106パルスから16ビットの分解能で連続して取得し、データを損失することはありません。

高性能Infrared AssociatesリニアMCTアレイと組み合わせると、このシステムは比類のないスペクトル性能を提供します。 二重列検出器アレイを使用して、分光計を通る隔離された基準経路およびサンプル経路を提供して、典型的には超短パルスレーザに関連する振幅およびエネルギー分布の変動を補償することができる。 

回折格子と検出器の完全な提供は、高速パルス取得分光分析のためのどんな用途にも合うことができます。 弊社のカスタマーサポートチームは多くのテクニックの経験があり、ハードウェアとソフトウェアのサポートおよびあなたの必要性に合うような修正を手助けする準備ができています。

 

仕様:

 

レーザーパルス繰り返し:

50 kHz までのシングルショット

標準検出器

LN2冷却式MCTアレイ64エレメント0.2 mm W x 0.5 mm H 16 mmアレイ全長(128エレメント可)

分光計のタイプ:

軸上グレイティング補正クロス チェルニーターナー

焦点距離:

0.19メートル

入り口:

F / 3.9 15度

エントランススリット:

2 umステップで電動0 - 2 mm(公称0.25 mm)

出口スリット:

2μmステップで電動0 - 2 mm

出口ポート:

配列と単一要素 - フリップミラーで選択

フラット イメージ フィールド:

30 mm H x 12 mm V - アレイポート

標準グレーティング:

150g / mm @ 5μm、75g / mm @ 5μmおよび50g / mm @ 6μm。(50〜1200 g / mm可)50 x 50 mm

標準スペクトル範囲
と分散:

150 g / mmで3〜9μm、ピクセルあたり6.2 nm、1ピクセルあたり6.2 nm 
75 g / mmで4〜10μm、1ピクセルあたり12.4 nm 
、50 g / mmで3〜9μm、1.2μmBW、18.6 nmピクセル

最大解像度

1200 g / mmグレーティングで0.35 nm

スペクトル取得:

シングルから1900スペクトル/秒

最大シーケンシャルスペクトル:

通常1 x 106 コンピューターのメモリーによって制限されます。

通信インタフェース

データは10 MHzのデジタル通信ポートによって読み出されます。
RS-232 / USB によって制御





























 

フェムト秒レーザーパルス取得システム FPAS アレイ インテグレイター  IR - 3216 



 

IR-3216

・レーザーパルス幅: 1 fs〜2 us
・レーザー波長: 0.5〜20μm
・インテグレータタイプ: Boxcar
・積分時間: 50 ns〜2.6 us
・チャンネル: 32
・外部入力 16
・ノイズ対シグナル: > 50,000:1 検出器ノイズ リミット
・総システムノイズ: <1.5 nv / Hz 1/2
・検出器アレイタイプ: PVまたはPC MCT(HgCdTe)、InSb、Si、InGaAs
・内部電源
・Pentium-4 PCシステムとLaspecソフトウェアを含む
 

新しいフェムト秒レーザーパルス取得システムは、マルチエレメントHgCdTe(MCT)検出器アレイからの16から1024チャンネルの同時サンプリングを提供する高速レーザー「ポンププローブ」分光法のために開発されました。 FPASは、優れた直線性と真の16ビット分解能を備えた短パルスの高エネルギーレーザーシステムからの検出器信号を統合して捕捉します。

FPASは、ステッピングモーターの位置を監視するためのユーザー入力、およびミラーの光路長の位置を制御するための出力など、フェムト秒分光データを取得するために必要なすべてのシステムコンポーネントを提供します。 このシステムには、プリアンプ、積分器、サンプル&ホールド、マルチプレクサ、16ビットA / Dコンバータ、FIFOメモリ、デジタルIOコンピュータカード、そして完全な制御とデータ表示のためのカスタムLABVIEW TMソフトウェアを備えたホストコンピュータシステムが含まれます。

 

高速データ収集システムは、短時間のレーザパルスからの高速収集を可能にするためにMCT(HgCdTe)またはInSb検出器アレイに接続するための完全なシステムを提供するためにISDCによって開発されました。 このシステムには、プリアンプ、バイアスネットワーク、およびアレイ内の各要素用のサンプル/ホールド回路が含まれており、これらのチャネルを高速マルチプレクサを介してA / Dコンバータに接続します。 その後、ADCはFIFOメモリに同期入力され、デュアルポートFIFOの同期書き込みと同期読み取りが可能になります。これにより、パルス繰返し数に基づいて同期捕捉回路によってデータをFIFOに記憶させることができ、読み出しはホストコンピュータに装着された高速デジタルI / Oカードを介して達成される。


集録は、遅延時間を開始するレーザー同期パルスの立ち上がりエッジで始まります。この立ち上がりエッジの直後にレーザーが発射します。MCT信号は、レーザーが発射されてから約50〜100 ns後に表示されます。 その後、サンプルパルスはプリアンプの出力信号を取得し、クリアされるまで保持します。 サンプル間隔が完了するとすぐに、最初のチャンネルがA / D入力に多重化され、次にA / D変換が1回のusecで行われ、FIFOメモリにクロックインされます。 チャネル1がメモリにクロックインされると、チャネル2はA / D入力に多重化されて読み出され、次にFIFOにクロックインされます。 FIFOエンプティ信号は、FIFOにデータがあることを示し、デジタルI / Oカードを搭載したホストPCはこのラインを監視し、データが使用可能になるとすぐにFIFOからデータの読み取りを開始します。 次の1KHzの立ち上がりエッジが再びレーザーを発射するように見える前に、アレイ全体が読み出されてクリアされます。 このプロセスは、ユーザーによって停止されるまで繰り返されます。


外部入力は、検出器またはユーザー提供の-10〜+ 10V信号用に設定できます。 信号は、内部検出器チャンネルと同じ積分パラメータを使用して、同時にサンプリングされ取得されます。 これにより、ユーザはミラー位置などの他の装置からアナログデータを入力することができ、またレーザエネルギーの変動を補正するために単一素子検出器でレーザパルス振幅を監視することができ、これによりノイズを大幅に低減できます。

フェムト秒レーザーパルス取得システム FPAS アレイ インテグレイター   IR - 6416


IR-6416

・レーザーパルス幅: 1 fs〜2 us

・レーザー波長: 0.5〜20μm
・インテグレータタイプ: Boxcar
・積分時間: 50 ns〜2.6 us
・チャンネル: 64
・外部入力 16

・ノイズ対シグナル: > 50,000:1検出器ノイズ制限
・総システムノイズ: <1.5 nv / Hz 1/2
・検出器アレイタイプ: PVまたはPC MCT(HgCdTe)、InSb、Si、InGaAs
・内部電源
・Pentium-4 PCシステムとLaspecソフトウェアを含む
 

新しいフェムト秒レーザーパルス取得システムは、マルチエレメントHgCdTe(MCT)検出器アレイからの16から1024チャンネルの同時サンプリングを提供する 、高速レーザー「ポンププローブ」分光法のために開発されました。 FPASは、優れた直線性と真の16ビット分解能を備えた、短パルスの高エネルギーレーザーシステムからの検出器信号を統合して捕捉します。

FPASは、ステッピングモーターの位置を監視するためのユーザー入力、およびミラーの光路長の位置を制御するための出力など、フェムト秒分光データを取得するために必要なすべてのシステムコンポーネントを提供します。 このシステムには、プリアンプ、積分器、サンプル&ホールド、マルチプレクサ、16ビットA / Dコンバータ、FIFOメモリ、デジタルIOコンピュータカード、そして完全な制御とデータ表示のためのカスタムLABVIEW TMソフトウェアを備えたホストコンピュータシステムが含まれます。


高速データ収集システムは、短時間のレーザパルスからの高速収集を可能にするためにMCT(HgCdTe)、またはInSb検出器アレイに接続するための、完全なシステムを提供するためにISDCによって開発された。 このシステムには、プリアンプ、バイアスネットワーク、およびアレイ内の各要素用のサンプル/ホールド回路が含まれており、これらのチャネルを高速マルチプレクサを介してA / Dコンバータに接続します。 その後、ADCはFIFOメモリに同期入力され、デュアルポートFIFOの同期書き込みと同期読み取りが可能になります。 これにより、パルス繰返し数に基づいて同期捕捉回路によってデータをFIFOに記憶させることができ、読み出しはホストコンピュータに装着された高速デジタルI / Oカードを介して達成される。


取得は、遅延時間を開始するレーザー同期パルスの立ち上がりエッジで始まります。 この立ち上がりエッジの直後にレーザーが発射します。 MCT信号は、レーザーが発射されてから約50〜100 ns後に表示されます。 その後、サンプルパルスはプリアンプの出力信号を取得し、クリアされるまで保持します。 サンプル間隔が完了するとすぐに、最初のチャンネルがA / D入力に多重化され、次にA / D変換が1回のusecで行われ、FIFOメモリにクロックインされます。 チャネル1がメモリにクロックインされると、チャネル2はA / D入力に多重化されて読み出され、次にFIFOにクロックインされます。FIFOエンプティ信号は、FIFOにデータがあることを示し、デジタルI / Oカードを搭載したホストPCはこのラインを監視し、データが使用可能になるとすぐにFIFOからデータの読み取りを開始します。 次の1KHzの立ち上がりエッジが再びレーザーを発射するように見える前に、アレイ全体が読み出されてクリアされます。 このプロセスは、ユーザーによって停止されるまで繰り返されます。


外部入力は、検出器またはユーザー提供の-10〜+ 10V信号用に設定できます。 信号は、内部検出器チャンネルと同じ積分パラメータを使用して、同時にサンプリングされ取得されます。 これにより、ユーザはミラー位置などの他の装置からアナログデータを入力することができ、またレーザエネルギーの変動を補正するために単一素子検出器でレーザパルス振幅を監視することができ、これによりノイズを大幅に低減できます。
 

 

フェムト秒レーザーパルス取得システム FPAS アレイ インテグレイター IR-0144



 

・レーザーパルス幅:1 fs〜2 us

・レーザー波長:0.5〜20μm

・インテグレータタイプ:Boxcar

・積分時間:50 ns〜2.6 us

・チャンネル:128

・16の外部入力

・ノイズ対シグナル:> 50,000:1検出器ノイズ制限。

・総システムノイズ:<1.5 nv / Hz 1/2

・検出器アレイタイプ:PVまたはPC MCT(HgCdTe)、InSb、Si、InGaAs

・外部電源

・Pentium-4 PCシステムとLaspecソフトウェアを含む

 

新しいフェムト秒レーザーパルス取得システムは、マルチエレメントHgCdTe(MCT)検出器アレイからの16から1024チャンネルの同時サンプリングを提供する高速レーザー「ポンププローブ」分光法のために開発されました。 FPASは、優れた直線性と真の16ビット分解能を備えた短パルスの高エネルギーレーザーシステムからの検出器信号を統合して捕捉します。

FPASは、ステッピングモーターの位置を監視するためのユーザー入力、およびミラーの光路長の位置を制御するための出力など、フェムト秒分光データを取得するために必要なすべてのシステムコンポーネントを提供します。 このシステムには、プリアンプ、積分器、サンプル&ホールド、マルチプレクサ、16ビットA / Dコンバータ、FIFOメモリ、デジタルIOコンピュータカード、そして完全な制御とデータ表示のための、カスタムLABVIEW TMソフトウェアを備えたホストコンピュータシステムが含まれます。

 

高速データ収集システムは、短時間のレーザパルスからの、高速収集を可能にするために、MCT(HgCdTe)または、 InSb検出器アレイに接続するための、完全なシステムを提供するためにISDCによって開発されました。 このシステムには、プリアンプ、バイアスネットワーク、およびアレイ内の各要素用のサンプル/ホールド回路が含まれており、これらのチャネルを高速マルチプレクサを介してA / Dコンバータに接続します。 その後、ADCはFIFOメモリに同期入力され、デュアルポートFIFOの同期書き込みと同期読み取りが可能になります。 これにより、パルス繰返し数に基づいて同期捕捉回路によってデータをFIFOに記憶させることができ、読み出しはホストコンピュータに装着された高速デジタルI / Oカードを介して達成されます。
 

取得は、遅延時間を開始するレーザー同期パルスの立ち上がりエッジで始まります。 この立ち上がりエッジの直後にレーザーが発射します。 MCT信号は、レーザーが発射されてから約50〜100 ns後に表示されます。 その後、サンプルパルスはプリアンプの出力信号を取得し、クリアされるまで保持します。 サンプル間隔が完了するとすぐに、最初のチャンネルがA / D入力に多重化され、次にA / D変換が1回のusecで行われ、FIFOメモリにクロックインされます。 チャネル1がメモリにクロックインされると、チャネル2はA / D入力に多重化されて読み出され、次にFIFOにクロックインされます。FIFOエンプティ信号は、FIFOにデータがあることを示し、デジタルI / Oカードを搭載したホストPCはこのラインを監視し、データが使用可能になるとすぐにFIFOからデータの読み取りを開始します。 次の1KHzの立ち上がりエッジが再びレーザーを発射するように見える前に、アレイ全体が読み出されてクリアされます。 このプロセスは、ユーザーによって停止されるまで繰り返されます。
 

外部入力は、検出器またはユーザー提供の-10〜+ 10V信号用に設定できます。 信号は、内部検出器チャンネルと同じ積分パラメータを使用して、同時にサンプリングされ取得されます。 これにより、ユーザはミラー位置などの他の装置からのアナログデータを入力することができ、またレーザエネルギーの変動を補正するために、単一素子検出器でレーザパルス振幅を監視することができ、これによりノイズを大幅に低減できます。

 

 

LASPEC ソフトウエア仕様



FPAS - Femto-Second Laser Pulse Spectroscopy






 

Laspecソフトウェア

LASPEC(Laze-spec)ソフトウェアは、IR-3216、IR-6416、およびIR-0144システム用に特別に開発されました。 ソフトウェアはLabview 7で書かれていて、exeとインストーラで提供されています。
 

メイン画面には、メイングラフの右側にリストされた外部入力値とともに、検出器アレイから収集されたデータが表示されます。
 

表示されている値はすべて10ボルトレベルにスケーリングされています。
 

このソフトウェアを使用すると、ユーザーは統合ゲート遅延時間、統合ゲート幅時間などの統合パラメーターを変更できます。 積分ゲートの幅を信号パルスの幅よりわずかに広くすると、ノイズに対する最良の信号が得られます。

メイングラフの上にあるスキャンモードセレクターは、取得したスキャンの種類を選択します:バックグラウンド、リファレンス、サンプル、サンプル/リファレンス、チョップド、ゼロ外部入力。 背景は、検出器にレーザパワーが印加されていない場合の入力の残留レベルです。 参照は、サンプルなしで適用された全レーザー出力(100%スキャン)である。 また、サンプルスキャンはバックグラウンドとサンプルの違いであり、サンプル/参照はサンプルデータを参照データで割ったもので、1の値は最大値を示します。 ゼロ外部チャネルを使用すると、残留DCレベルを外部入力から差し引くことができます。
 

チョップモードは、基準データポイントと信号データポイントを交互に取得するために、光路にチョッパーを使用するためのものです。 チョッパー同期信号の出力をシステムに接続するために外部入力#16が使用されます。 ソフトウェアは外部入力#16のレベルを監視し、この情報を使用してデータ収集の段階を決定します。

仕様

 

レーザーパルス繰り返し率: 

0〜2 kHz。(IR-0144で1.8KHz)

積分時間: 

54〜2600 nsの間で10 nsステップで調整可能。

統合遅延: 

30〜520 nsの間で2 nsステップで調整可能。

インテグレータの種類: 

ボックスカータイプ、低ノイズ、電流ステアリング、オートリセット、積分器セクション

フォトコンダクティブ:

バイアス付きHgCdTe(MCT) - 低雑音10MHz増幅器

フォトボルテイック:

InSb - ゼロボルトバイアス付き、低ノイズFET 5 MHzアンプ

 

HgCdTe(PVMCT) - ゼロボルトバイアス付き、低ノイズ、10MHzアンプ

A / D変換:

16ビット、+ 10V〜-10V入力多重16チャンネル/ ADコンバータ

最大サンプル数:

全チャンネルの100万回の完全スキャン

FIFOメモリ:

1024 x 16 FIFOメモリ

データ通信

FIFOメモリは10MHzデジタル通信ポートによって読み出される。

信号:

約 7 umで80フェムト秒レーザーから7ボルト

EQVノイズ:

入力で1.5 nv / Hz 1/2以下。

システム信号対ノイズ:

>> 100デシベルで100デシベル(100,000:1)pp

デジタルノイズ:

+/-½LSB

典型的なシステムノイズ:

+/- 2 LSB rms(1000スキャン@ 2 kHzレーザー担当者レート)

デジタルダイナミックレンジ:

-32767から+ 32767 = 65535(16ビット)

アナログダイナミックレンジ:

-10 V〜+ 10 V







 

オプティカニクス総合取扱製品

Topに戻る