PRODUCTSダイヤモンド パウダー 研磨剤 Qual Diamond Hi-tech Corporation

ダイヤモンド パウダー 研磨剤 Qual Diamond Hi-tech Corporation

 

   
Qual Diamond Hi-Tech Corporation
  ダイヤモンドパウダー研磨剤
   オプティカニクス株式会社


ダイヤモンドパウダー製品
ダイヤモンドパウダー製品は、お客様のご要望に応じてカスタマイズが可能です。

Qual Diamondのマイクロダイヤモンドパウダーは、高度な表面改質処理により、均一なサイズの高純度ダイヤモンド粒子で構成されています。独自の粉体処理技術により、粒子の凝集を防ぎ、正確で狭い粒度分布を実現しています。比較的均一な形状であるため、研磨用途では高い除去率が得られます。石英、セラミック、光学ガラス、半導体、先端複合材料などの幅広い用途で、ラッピングやポリッシングに便利です。
製造技術から、、、 Qual Diamondのダイヤモンドパウダーは、QMMモノシリーズQPDポリシリーズQNDナノシリーズQMRラウンドダイヤモンドシリーズに分類されます。
QMMとQMRの単結晶ダイヤモンドは、高圧・高温の合成法で作られています。単結晶ダイヤモンドは、最も硬く純粋な炭素ベースの材料の一つであり、Qual Diamond独自の処理の後、高効率で時間のかからないラッピング、シンニング、精密なポリッシングのプロセスをお客様に提供します。
QPD多結晶ダイヤモンドは、非常に粗い表面形態を持つ爆砕法で製造されます。Qual Diamondの特殊処理により、ポリダイヤモンドオプションは、幅広い用途でラッピングやポリッシングプロセスの生産性を最大化します。 

処理技術では、QH親水性シリーズとQDデアグロメレートシリーズがあり、用途に応じて優れた性能を発揮し、お客様から高い評価を得ています。Qual Diamondは、不要な凝集物を含まない研磨液のニーズに応えて、独自の処理技術を開発しました。表面に傷をつけず、完成品の歩留まりを向上させることができ、研磨技術者に多大な利益をもたらします。

 
QPD/QPH Poly Micro Diamond Powder

 
QMM Mono Micro Diamond Powder

 
QMR Round Micro Diamond Powder


QND Nano Micro Diamond Powder

処理方法による分類
QH親水性シリーズとQDデアグロメレートシリーズがあり、用途に応じて優れた性能を発揮し、お客様から高い評価を得ています。クアルダイヤモンドは、不要な凝集物を含まない研磨液のニーズに応えて、独自の処理技術を開発しました。表面に傷をつけず、完成品の歩留まりを向上させることができ、研磨技術者に多大な利益をもたらします。
 

Dシリーズ ナノ マイクロ ダイヤモンド パウダー

QMM-D/QPD-D Deagglomerated(D)タイプのダイヤモンドパウダーは、高純度で凝集度が最も低くなるように特別な処理が施されています。この特殊処理により、ダイヤモンド以外の不純物が取り除かれ、様々な工業用途に適した添加物材料となっています。Dタイプのダイヤモンドパウダーは、粒度分布が狭く、対称性があるのが特徴です。この技術は、不要な凝集物を含まない研磨液のニーズに応えて開発されました。表面に傷がつくのを防ぎ、完成品の歩留まりを向上させることができます。
製品の特徴と利点
⦿ Qual Diamondクアルダイヤモンド社の精密処理により、最高の純度を誇るマイクロダイヤモンドパウダーです。
⦿ 独自の表面改質により、加工時に粒子が凝集することがありません。
⦿ 特殊な粒度分布技術により、他社よりも狭い粒度分布を実現しています。
⦿ 高硬度、高靭性は、原料から製品に至るまでの厳格な品質管理の結果です。
⦿ 優れた熱的・化学的安定性は、様々な産業分野でのダイヤモンドの応用を可能にします。
サイズ分布

アプリケーション
Qual Diamond独自のマイクロダイヤモンドパウダーは、エレクトロニクス、航空宇宙、半導体、光学、金属、その他の先端材料産業に応用できます。非鉄合金、高度複合材料、セラミックス、宝石、光学ガラス、石英などの硬質材料の研削・研磨。
⦿ 各種精密ダイヤモンド工具の原料
⦿ ダイヤモンドスラリー、サスペンションの原料
⦿ ダイヤモンド研磨パッド、ダイヤモンドホイール、各種ダイヤモンド工具の原料
⦿ 多結晶ダイヤモンド(PCD)の原料

Hシリーズ ナノ マイクロ ダイヤモンド パウダー

QMM-H/QPD-H 親水性(H)タイプのダイヤモンドパウダーを調製し、表面を親水化処理することで、極性媒体に容易に分散させることができます。また、Hタイプのダイヤモンドパウダーはゼータ電位が高く、懸濁液の安定性に優れています。狭い対称的な粒度分布曲線は、Hタイプの粒子間の強い静電反発によるものです。明確なデアグロメレーション効果により、機械的な研磨結果を改善することができます。
利点
⦿ 独自の表面改質により粒子の凝集を防止 
⦿ 極性媒体への安定性が高い  
⦿ 狭い粒度分布により、優れた研磨性能を発揮  
⦿ 高い硬度と靭性により、高い材料除去率を実現 
サイズ分布

アプリケーション
⦿ 非鉄合金、先端複合材料、セラミックス、宝石、光学ガラス、石英などの硬質材料の研削・研磨 
⦿ ダイヤモンドスラリー、サスペンションの原料 
⦿ ダイヤモンド研磨パッド、ホイール、各種ダイヤモンド工具の原料 
⦿ 多結晶ダイヤモンド(PCD)の原材料 

 
Grade M0-0.2 M0-0.25 M0-0.5 M5-1 M1-2 M1-3 M3-5 M5-7 M7-10 M10-14 M14-20 M20-30 M30-40 M40-50  
QPD                              
QPH                              
QMM                              
Grade  30/40  40/50  50/60  60/70  70/80 80/100 100/120 120/140 140/170 170/200 200/230 230/270 270/325 325/400 400/500
QMR-65   ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●    ●  ●    ●
QMR-63                               
Grade M50-60 M40-50 M30-40 M20-30  
QMR-65  ●  ●  ●  ●  
QMR-63          





 
ポリ マイクロ ダイヤモンド パウダー

 

製品の概要
QPDとQPHはポリマイクロダイヤモンドパウダー、QPDは爆発法、QPHは高温高圧で作られています。精製と改質のための特別な処理の後、それらは、半導体材料、高度な複合材料、光学ガラス、およびその他の高度な材料を、凝集や表面変形なしに処理する際に優れた性能を発揮します。Qual Diamondのポリマイク ロダイヤモンドパウダーは、高度な選別および表面改質プロセスにより、均一なサイズ、高純度のダイヤモンド粒子で構成されています。
製品の利点
⦿ Qual Diamondの精密処理により、マイクロパウダーに最高の純度がもたらされます。
⦿ 独自の表面改質により凝集しない。
⦿ 特殊なサイズ分布技術により、サイズ分布が狭くなります。
⦿ 高硬度・靭性は高品質のダイヤモンド原料によるものです。
⦿ 優れた熱的および化学的安定性により、さまざまな産業でのダイヤモンドの用途が広がります。





 

アプリケーション
Qual Diamond
独自のマイクロパウダーは、エレクトロニクス、航空宇宙、半導体、光学、金属、その他の先端材料産業に適用できます。
⦿ 非鉄合金、高度な複合材料、セラミック、宝石、光学ガラス、石英、その他の硬質材料の研削と研磨
⦿ ダイヤモンドスラリーと懸濁液の原料
⦿ ダイヤモンド研磨パッド、ダイヤモンドホイール、およびすべての種類のダイヤモンド工具の原材料
⦿ 多結晶ダイヤモンド(PCD)の原材料

高純度ダイヤモンド粒子を反射するラマン分光法

Grade M0-0.2 M0-0.25 M0-0.5 M5-1 M1-2 M1-3 M3-5 M5-7 M7-10 M10-14 M14-20 M20-30 M30-40 M40-50  
QPD                              
QPH                            

 

モノ マイクロ ダイヤモンド パウダー

 

製品の概要
QMMは、高圧高温合成法で作られた当社のモノ マイクロ ダイヤモンド パウダーです。QMMは、Qual Diamond社の独自の処理技術により、その硬度と結晶構造の特徴から、様々な素材のラッピング、ポリッシング、仕上げ用の材料として人気があります。QMMシリーズは、費用対効果の高い手段として、より優れたストック除去率と仕上げ品質を提供します。QMMは、複数の刃先を持つわずかに不規則な形状をしています。QMMはシャープな粒子と高い靭性を持ち、クリーンで効率的な研磨を可能にします。SiC、タングステンカーバイド、ゲルマニウム、サファイア、スピネル、ルビー、光ファイバー材料、その他光学、半導体、アドバンストセラミックス、金属などの製造現場で使用される多くの先端材料基板など、硬度6以上の材料の加工にお勧めします。
製品の利点
⦿ クアルダイヤモンド社の精密な処理により、最高の純度を誇るマイクロダイヤモンドパウダーです。
⦿ 独自の表面改質により、加工時に粒子が凝集することはありません。
⦿ 特殊な粒度分布技術により、他社よりも狭い粒度分布を実現
⦿ 高硬度、高靭性は、原料から製品に至るまでの厳格な品質管理の結果です。
⦿ 優れた熱的・化学的安定性は、様々な産業分野でのダイヤモンドの応用を可能にします。

M20 / 30 GYD-65190520のサンプルのMalvernInstrumentの結果は、狭い粒度分布を示しています



                                                     高純度ダイヤモンドを示すラマン分光法                


 

アプリケーション
Qual Diamond
独自のマイクロパウダーは、エレクトロニクス、航空宇宙、半導体、光学、金属、および先端材料産業に適用できます。
非鉄合金、高度な複合材料、セラミック、宝石、光学ガラス、石英、およびその他の硬質材料の研削と研磨
ダイヤモンドスラリーと懸濁液の原料
ダイヤモンド研磨パッド、ダイヤモンドホイール、およびすべての種類のダイヤモンド工具の原材料
多結晶ダイヤモンド(PCD)の原材料

ラウンド マイクロ ダイヤモンド パウダー

QMRは、独自の表面処理を施したRound Mono Micro Powderです。球状のQMR人工ダイヤモンドは、表面が粗く、純度が高いのが特徴です。このダイヤモンドの非角型の特徴により、研削時の材料の切り込み量を減少させ、高精度な加工を可能にしています。また、ダイヤモンドの表面には多数の微小な切れ刃があり、切削効率を高めています。当社の丸型マイクロダイヤモンドパウダーは、高度な選別と表面改質処理により、均一なサイズの高純度ダイヤモンド粒子で構成されています。比較的均一な形状であるため、研削用途では高い材料除去率が得られます。また、石英、セラミック、光学、半導体、先端複合材料などの幅広い用途で、ラッピングやポリッシングに便利です。
製品の利点
⦿ クアルダイヤの精密処理により、最高純度のマイクロパウダーを実現
⦿ 独自の表面改質により凝集しない
⦿ 特殊な粒度分布技術により、狭い粒度分布を実現
⦿ 高い硬度と靭性は、高品質のダイヤモンド原料から生まれます。
⦿ 優れた熱的・化学的安定性は、ダイヤモンドの様々な産業への応用を可能にします。




                                 均一なサイズの粒子を反映するMalvernInstrumentデータ

 

アプリケーション
Qual Diamond
独自のマイクロパウダーは、電子機器、航空宇宙、半導体、光学、金属などの先端材料産業に応用できます。
⦿ 非鉄合金、先端複合材料、セラミックス、宝石、光学ガラス、石英などの硬質材料の研削・研磨加工
⦿ ダイヤモンドスラリー、サスペンションの原料
⦿ ダイヤモンド研磨パッド、ダイヤモンドホイール等の各種ダイヤモンド工具の原料
⦿ 多結晶ダイヤモンド(PCD)用原料

 
Grade  30/40  40/50  50/60  60/70  70/80 80/100 100/120 120/140 140/170 170/200 200/230 230/270 270/325 325/400 400/500
QMR-65   ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●    ●  ●    ●
QMR-63                              
Grade M50-60 M40-50 M30-40 M20-30  
QMR-65  ●  ●  ●  ●  
QMR-63          



   
Qual Diamond Hi-Tech Corporation
 ダイヤモンドパウダー / スラリー 研磨剤
    オプティカニクス株式会社



 

contact
お問合わせはこちらから