PRODUCTSIRエミッターとデテクターのための開発キット

IRエミッターとデテクターのための開発キット

Micro Hybrid Electronic GmbH
 

評価キット (開発キット)

Micro-Hybrid IRソース用


説明
このキットは、マイクロハイブリッド社のサーモパイル/パイロエレクトリックディテクタおよび赤外線ソース用に設計されています。
IRソース用に設計されています。電気回路やソフトウェアを開発することなく、これらの部品を評価し、NDIRガス分析を始めるための簡単な方法を提供します。
電気回路やソフトウェアを開発することなく、NDIRガス分析を始めることができます。
このシステムは柔軟性があります。それぞれの用途に合わせて動作パラメータを最適化します。
使い方に合わせて最適化します。柔軟性には、IRソースの簡単な制御、検出器からの出力データの読み取り/監視などが含まれます。
検出器からの出力データの読み取り/モニタリングが簡単にできます。すべてのコンポーネントの評価
高速でシンプルなプロセスを実現します。

⦿ 用途としては、ガス分析、非接触型温度計測、炎の検出、ガス分析、非接触温度測定、炎の検出、実験室や試験室のセットアップ
⦿ 赤外線源の動作とMHEの全検出器の読み取りのための独立したシステム
⦿ 独自の定電力回路
⦿ 抵抗器の経年変化による放射強度のドリフト効果を排除
⦿ 線源への電気的ストレスが軽減される
⦿ 線源は常時動作またはチョップドモードで動作可能
⦿ 最大50Hzの外部周波数で動作可能
⦿ 放出電力は0.3~1.7Wまで調整可能
⦿ パイロパイルおよびサーモパイルをシングル、デュアル、クアッド構成で使用可能
⦿ 最大で2チャンネルの同時キャプチャが可能
⦿ 可変増幅と信号調整が可能な2段増幅回路
⦿ 付属のPCソフトウェアとの通信用USBインターフェース(信号の可視化、処理、保存が可能
⦿ 検出器信号のアナログ出力を基板上に追加
⦿ 増幅率は2~4150まで調整可能
⦿ すべてのプロセスはマイクロプロセッサーで制御され、12ビットのアナログ/デジタル変換が可能
⦿ さらに、周波数、デューティサイクル、発光パワーをソフトウェアで直接制御可能
⦿ 追加の測定用キュベットにより、非常に短い時間で初期測定が可能
 

ソースボードの仕様

Parameter Min. Typ. Max. 単位 Comment
電源電圧 10     V  
電流   5   mA IRソース無し
基準電圧 3.3 V  
消費電力 0.3 – 1.7 W ジャンパー(FB)または ポテンショメーター
エミッタ抵抗 10 50 70 Ohm  
動作温度 0   40  
周波数帯域* 0   50 Hz  
出力パワー 精度**   ≦±5%      

デューティサイクルの不一致が5%以上(高周波数時)
** 使用するエミッタの抵抗値と電力に依存

ディテクターボード仕様

Parameter Min. Typ. Max. 単位 Comment
電源電圧 10 12 16 V  
電流   60   mA  
増幅 2
155
-
-
55
4150
  パイロディテクター
サーモパイル
基準電圧 1.65 V  
検出器電圧   V  
動作温度 0   40  
バンド幅(-3dB) 1 – 60
0 – 20
Hz パイロディテクター
サーモパイル
信号の取得 12Bit, 0... 3.3V, 500Sa/s    
インターフェイス USB 2.0    

 

開発キット対応機種
- 1ch TO39 NACエミッター
- 1ch TO46 NACエミッター
- 1ch / 2ch / 4ch TO 39サーモパイルディテクタ
- 2ch/ 4ch TO 39 パイロディテクタ


完全評価版エミッタ/ディテクタ ドライバー キット
10個まとめると、非常に安く供給しています。
用途としては、ガス分析、非接触型温度計測、炎の検出、実験室や試験室での測定などが考えられます。
ガス分析、非接触温度測定、炎の検出、実験室やテストのセットアップ

- 赤外線源の操作、およびすべてのMHE検出器の読み取りのための独立したシステム
- 独自の定電力回路
- 独自の定電力回路により、抵抗器の経年変化に起因する放射線強度のドリフト効果を排除。
 抵抗器の経年変化による放射強度のドリフト効果を排除 光源の電気的ストレスを低減
- 線源は常時動作またはチョップドモードで動作可能
- 最大50Hzの外部周波数で動作可能
- 放射電力は0.3~1.7Wまで調整可能
- 最大で2チャンネルの同時キャプチャが可能
- 可変増幅と起動可能な信号調整を備えた2段増幅器回路
- 付属のPCソフトウェアと通信するためのUSBインターフェース(信号の可視化、処理、保存用 信号の可視化、処理、保存)
- 検知信号のアナログ出力を追加搭載
- 増幅率は2~4150まで調整可能
- マイクロプロセッサー制御、12ビットのアナログ/デジタル変換機能付き
- さらに、周波数、デューティサイクル、エミッションパワーをソフトウェアで直接制御することができます。
- 追加の測定用キュベットにより、非常に短い時間での初期測定が可能


 

contact
お問合わせはこちらから